姫路市 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 歯周病予防ならお任せください。

よねやま歯科医院
メール相談 24時間受付  ご相談・ご予約は 079-295-2330

オーダーメイドな予防、オーダーメイドな治療を目指して

HOME > 症例ブログ

月別

カテゴリー

新着記事

よねやま歯科医院のご案内

〒 670 - 0982 兵庫県姫路市岡田350-1  ジヴェルニ岡田1F TEL 079-295-2330 FAX 079-295-2331 地図 交通アクセス 最寄駅:JR 姫路駅より 姫路市営バス 県立姫路商業高校行き  井ノ口停留所下車 徒歩3分 駐車場あり アクセス

携帯サイトのご案内

QRコード

予防歯科センターのご案内

予防歯科センター

病的な歯牙移動をきたしたケースの咬合治療(矯正治療とインプラントの併用)

患者さんは60代女性で、左上の奥歯に歯を入れたいとのご希望でした。

初診時の口腔内をみると左上の大臼歯部の欠損がありました。

しかし問題はそれだけではなく左側の前歯から臼歯にかけて全く咬合しておらず、全体的な矯正を含めた治療が必要なケースでした。

まず現状の状態を診断し、模型上で治療後のゴールを設定しました。

これにもとずいてインプラントと矯正治療を併用した治療計画をたてました。

治療期間は約1年、結果は非常に安定した咬合と審美を達成できたと考えています。

PAGE TOP

病的な歯牙移動をきたしたケースの咬合治療(インプラントと矯正併用)

姫路 よねやま歯科の包括治療(矯正 インプラント 審美)ケースです。

患者さんは60代の男性です。

歯周病が進行すると、歯は病的な移動をきたします。歯ぎしりやくいしばりでこの病的な歯牙移動はさらに加速し、最後には咬合崩壊をきたし、食生活はじめとする日常生活のQOL(クオリティオブライフ 生活の質)の著しい低下をきたしてしまいます。できるだけ早期な治療が良好な予後を期待できます。

PAGE TOP

プチ矯正 挺出(歯の根を引っ張り出した)ケース

姫路 よねやま歯科のプチ矯正ケースです。

矯正治療にはフル矯正と部分矯正(プチ矯正)とがあります。前歯が1、2本ちょっとゆがんでいる とか 1本だけ歯列から出ているとか 前歯の長さが違っていて見た目が悪いとかの場合 部分矯正で短期間で劇的に改善できる事が多いです。私個人的にも非常に得意な治療分野の一つでもあります。

このケースは右上の前歯1本は保存が難しく抜歯が必要ですが、この時点で抜いてしまうと歯肉が下がったままになってしまいブリッジ治療をしても歯の長さがそろいません。

そこでプチ矯正で歯を引っ張り出して歯肉も一緒に揃えていき、歯肉の高さがそろったところで抜歯します。

このように矯正治療を使う事で審美的な修復が簡単に実現できます。矯正中の痛みはほとんどありません。歯に矯正力をかけると歯だけが動くのではなく周りの歯周組織も移動もしくは増殖して増えてきます。この特徴をうまく利用すれば不揃いの歯肉ラインを綺麗に揃える事が可能になります。

PAGE TOP

審美治療(矯正 インプラント併用ケース)

姫路のよねやま歯科の包括治療ケース(矯正 インプラント併用)です。

患者さんは50代女性、主訴は前歯のガタガタをきれいにしたい!でした。

歯周病の進行と病的な歯の移動が見られます。

前歯の歯の長さ、歯肉ラインの不揃い、歯肉退縮、病的な不正咬合が見られ、歯周治療が必要でした。矯正治療は歯の長さ、歯肉ラインの治療のために必須の治療オプションでした。

また下の臼歯部は歯周病の進行で抜歯が必要で、噛み合わせの回復には入れ歯ではなくインプラントをご希望されました。

矯正治療を行うことでここまで歯肉ラインの回復が可能になります!

また下の奥歯の機能回復にはインプラントを使いました。

治療完了時

術前のレントゲンと術後のレントゲンです。

下の前歯は保険のブリッジ(変色しています)ですが、上前歯はセラミックで修復しました。機能的にも審美的にもまずまずの仕上がりだと自負しています。

PAGE TOP

矯正、審美の包括治療症例

患者様は30代女性、長年に渡り歯並びと見た目(審美障害)に悩んでおられました。

治療計画についてのカウンセリングの結果、全額の矯正治療の後、前歯のセラミック修復の審美治療をおこなう事になりました。

非常に難症例で約2年6ヶ月に及ぶつらい矯正治療を頑張って乗り越えていただきました。

矯正治療後は上顎の前歯の変色歯をオールセラミックにて審美修復しました。

非常に魅力的で綺麗なスマイルを実現できたと思います。


PAGE TOP

インプラントを選択する前に(自家歯牙移植ケース)その2

患者様は40代女性で右下の奥歯の欠損があるケースでした。

通常であれば右下の親知らずが残っていたのでブリッジでも修復可能ですが、親知らずの状態があまり良くないため
部分入れ歯かインプラントでの修復の可能性が大でした。
ただこの患者様の場合上顎の前歯に叢生(乱杭歯)があり、矯正治療の希望もなかったために左上の側切歯が全く
機能していない状態でした。

通常なら抜歯しかないこの側切歯を右下の臼歯部に移植するという選択肢が増えました。

患者様とのカウンセリングの結果、インプラントよりも自己歯牙移植を選択されました。

抜歯と同時に欠損部位にインプラントドリルを使用してソケットを形成し上の側切歯を移植しました。

約3か月後、移植歯は生着し動揺も痛みもなくなり修復治療に移行しました。

このケースの場合は移植歯が親知らずではなかった事、また移植部位がすでに欠損部位だったことで
保険適応ではなく自費治療になりましたが、インプラント治療に比べ約1/3の治療費で完了できました。

PAGE TOP

臼歯ジルコニア審美修復ケース

以前このブログに途中経過をアップしたケースです。先日すべての修復が終了しましたので再投稿します

患者様は30代女性で前歯の見た目を改善したいとの主訴で治療開始しました。

前歯の改善はセラミック冠を使用し見た目と機能の改善を図りました。
歯肉のメラニン色素はレーザーで漂白を行いました・

その後大臼歯は強度を必要とし、かつ費用的に安価なジルコニア単体の冠(差し歯)を使用し審美修復を
行いました。

見た目も機能も問題なく改善を図る事ができました。
あとはこの状態をいかに維持するか のメンテナンスが重要になります

PAGE TOP

矯正治療後、臼歯をメタルフリー修復したケース

20代女性の患者様で上下前歯の歯並びを綺麗にしたいとのことで矯正治療を始める事になりました。

約1年強の期間で矯正が終了しました。

その後上下奥歯の銀歯を白くやり替えたいとの希望で、半年に1ブロック(2,3本)のペースで少しずつセラミック修復していきました。

約2年ほどかけて、少しずつセラミック治療を進めた結果、先日すべての治療はが終了しました。

これからはメンテナンスでこれらを長期に維持するプログラムへと移行します。

PAGE TOP

臼歯欠損部位のインプラント+オールセラミック症例

患者様は50代男性で左下の奥歯にブリッジの差し歯が入っていましたが、咬合力の負担がかかり
歯根が破折してしまい、抜歯になりました。

手前の健康な歯を削って土台にして奥の親知らずと再びブリッジをかけて差し歯をつくるか、欠損部位を部分入れ歯にするか、
欠損部位だけをインプラントで修復するか の3つの治療方法から選んでいただく事になりました。

患者様は健康な歯を削りたくないという事で治療の方法はインプラントか部分入れ歯のどちらかになり、しっかり自分の歯のように噛みたいという結論で
インプラント治療を選択されました。

インプラントを2本欠損部位に入れました。下顎の奥歯は約3ヶ月骨とインプラントが結合するまで治癒期間を待ちます。

3か月後、仮歯用の土台を入れ、歯肉の治癒を1ヶ月待ちます。

歯肉が綺麗に治癒し、骨との結合も十分咬合力に耐える状態になったため、型をとり最終の歯をオールセラミックでつくりセットしました。

最近のセラッミク素材は非常に強度が高く、以前のように咬合力で破折したりすることがほとんどなくなりました。
咬合力が強くかかる歯ぎしりが強い方以外は金属を使用しないオールセラミック修復が可能になっています。

またプラーク(歯垢)が付着しにくく、清掃もやり易いためその後の歯周病の予防の観点からも大変有利です。

この患者様は最初の手術から約3ヶ月で仮歯が入り、噛む練習をしてもらいながら、清掃性をチェックし、6ヶ月目に最終の歯が入りました。

このようにインプラント治療は最低6ヶ月から前歯の審美領域では仮歯が入ってから6~12か月ぐらい最終の歯が入るまで時間をかけて調整をします。

時間はかかりますが、一つ一つステップを確実に踏むことでインプラント修復歯は成功に導かれると考えています。

私のクリニックでは決して急ぎません。急がば回れ だと考えます。

PAGE TOP

自家歯牙移植(インプラントを選択する前に!)

30代の女性の患者様です。左下の一番奥歯が噛むと痛むとのことで来院されました。
診察すると一番奥の大臼歯が破折してしまい、保存する事が難しい状態でした。

通常は抜歯して入れ歯かインプラントになるのですが、この患者さんの場合、左上の親知らずが健全歯の状態で残っていました。

そこでこの親知らずを抜歯した左下の奥歯の部位に移植することにしました。

抜歯と同時に上の親知らずを移植しました。
その後1ヶ月ぐらいで固定を外し(1ヶ月程度で移植歯はくっつきます) さらに根っこの治療をして
約3ヶ月ぐらいで咬合できる状態に回復しますので冠(差し歯)を作り治療を完了しました。

ほぼもとあった自分の歯と同じように噛めて、手入れも今までどうりの歯ブラシでOKです。経過は良好です。
さらにインプラントと違い保険が使える治療ですので費用がほとんどかからないのがこの治療の最大の魅力です。

ただし健全な状態の親知らずがあることと、抜歯と同日に行う事が条件になっています。すでに欠損してしまった部位への
自家歯牙移植は自費治療扱いとなります。

PAGE TOP
お気軽にご相談ください。
079-295-2330
休診日:木曜日 日曜・祝日
※予約制ですが、急患、新患の方は随時受け付けております。
時間
午前 (9:00〜13:00) - -
午後 (15:00〜19:00) -   -
午後 (15:00〜18:00)       -   -
WEB相談 受付24時間
オンラインお問い合わせ
PAGE TOP