姫路市 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 歯周病予防ならお任せください。

よねやま歯科医院
web予約 メール相談 24時間受付  ご相談・ご予約は 079-295-2330

オーダーメイドな予防、オーダーメイドな治療を目指して

HOME > 症例ブログ > 2011 8月

月別

カテゴリー

新着記事

よねやま歯科医院のご案内

〒 670 - 0982 兵庫県姫路市岡田350-1  ジヴェルニ岡田1F TEL 079-295-2330 FAX 079-295-2331 地図 交通アクセス 最寄駅:JR 姫路駅より 姫路市営バス 県立姫路商業高校行き  井ノ口停留所下車 徒歩3分 駐車場あり アクセス

携帯サイトのご案内

QRコード

予防歯科センターのご案内

予防歯科センター

上顎前突(出っ歯)と叢生(乱食い歯)のケース

患者様は中学1年生の女の子でした。前歯が出っ張って、ガタガタなのが気になるので治したいとお母様と一緒に相談に見えました。

        

診断の結果、顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪く、顎が狭いため小臼歯の抜歯をして矯正治療を開始しました。

抜歯が必要なケースは抜歯せず無理やり矯正すると歯が前に出てしまい横顔のプロフィール(見た目)がすごく悪くなってしまいます。

正しく診断をしやはり抜歯が必要と結果が出たケースは抜歯をすべきだと私は考えています。

治療中ですが終了直前の状態です。

治療期間は約2年でした。 見た目もかみ合わせも良好で非常に安定いた状態になりました。

PAGE TOP

奥歯のインプラント修復ケース

40代後半の女性で右下の奥歯が欠損して噛みにくいとの事で相談にみえました。

バレーボールをされていて奥歯を噛みしめる事が多く片方だけ歯がないのは噛みしめにくいとの事でした。

義歯(入れ歯)では力が入らないとの事でインプラントで治療をすることになりました。

インプラントを2本埋入し3か月待って上部構造をセットしました。

型を取る直前です。型をとってセラミックの差し歯をセットしました。

今、左下の奥歯も噛みしめるために歯根が破折してきてインプラント治療の予定です。

スポーツをよくされる方には奥歯の噛みしめが非常に重要で、噛みしめられないと力がでません。

プロスポーツ選手もこのような理由で今はほとんどの方がインプラント治療を受けられているようです。

そういう方にはインプラントはお勧めです。

PAGE TOP

歯医者に治療に通えば通うほど歯は悪くなります!

歯科医の私がいつも思っていることがあります。それはタイトルにある通りです。

なぜこんな事がおこるのでしょうか?

答えは  『歯を削るからです!』 

ここに一つの症例があります。まずご覧になって下さい。

この症例はもともと永久歯の先天欠損と言って永久歯が上下で5本欠損しています。

この欠損の治療にはインプラントを使用して健康な歯は全く削っていません。

年齢も10代の後半でこれから後60年以上歯を保っていかなければいけません。しかし健康な歯を削っていないため予防処置をおこない新たな虫歯や歯周病に注意すればこれも可能だと考えます。

しかし日本の保険制度ではこのケースを治療するのにどういう方法があるでしょうか?

医療保険では歯の欠損に対しては「入れ歯」か「ブリッジ 差し歯」しかありません。

入れ歯は歯を削らずに作る事も可能ですが、10代の患者さんにはあまりにかわいそうですしほとんどの方は拒否されます。

では固定の歯を入れましょう と言うことになりますが、「ブリッジ」という治療を行うためには両隣りの健康な歯を削って型を取らないといけません。

これが致命的です。歯のエナメル質を削った瞬間にその歯の寿命は10年短くなります。エナメルを削った歯は虫歯にもなりやすくなります。しばらく良くても数年たつと虫歯になり再治療、進行が早ければ最悪の場合神経をとる事になります。この時点でその歯の寿命は20~30年短くなり、次治療するときは抜歯となります。 これが今日本中で行われている歯科の保険治療の顛末です。

もし歯がなくなってその両隣りの歯が健康な歯だった患者さんで、それが私の家族、親族であればブリッジは上記の理由から私は絶対にしません。

第一選択はインプラント、持病などがあって外科ができない場合は義歯で治療をすると思います。

健康な歯を(エナメル質)を削らなくても済むように歯医者の仕事は治療から予防にシフトする時代になってきています。

一生自分の歯で食事ができるように予防のために歯科医院に通ってくれる患者様が増えることを心から願っています。

虫歯や歯周病にならなように対策をすることが予防歯科です。矯正治療やインプラント治療も予防歯科の一環だと考えています

PAGE TOP

重度の叢生(乱食い歯)症例

患者様は16歳の男子高校生で、歯がガタガタで見た目もかみ合わせも悪いので治したいとの主訴で相談にみえました。

 

診査の結果、歯のサイズに対しての顎の幅、奥行きも狭くそれぞれの歯が生えるスペースが極端に不足してあちこちに歯が飛び出している状態でした。矯正の資料をとって診断を行い、上下左右の親不知4本、上の小臼歯2本、右下の小臼歯1本の合計7本の歯を抜歯して矯正治療を開始しました。

治療期間は約2年、高校の卒業までには終わらせたいとの希望があったので間に合って良かったです。

治療中と治療後の写真です。

この症例のように歯と顎の大きさのアンバランスが大きい場合はやはり抜歯が必要になります。

抜歯せずに矯正できればその方が良いに決まっていますが顎がもともと狭いと抜歯しないと治療ができないケースが多いです。

抜歯を避けるためには中学、高校生になってからでは手遅れで、顎が成長する小学生低学年から顎が狭い場合は顎を大きくするアプローチをする事が大切です。

乳歯の時は永久歯になるまで待ちましょう。と言うのは時代遅れです。様子を見ていてもまず良い歯並びになる事はありません。

何かおかしいな?って思った時が治療の時期だと私は思います。 その決断がお子さんのその後の人生にも大きな差が生まれます。

PAGE TOP

ホワイトニング症例

20代前半の女性で歯の黄ばみが気になるとの事で相談にみえました。

診査の結果歯質は問題なく家庭で行うホームホワイトニングで充分白くなると診断しました。

術前と術後です。

約1か月で終了できました。個人差もありますが、1~2か月でこれぐらい白くなります。

急ぐ場合は(ウエディングに間に合わせたい等。。)オフィスホワイトニングと併用すれば2週間ぐらいで終わらせる事が可能です。

ただ急速に白くした歯は後戻りしやすいという欠点がありますのでホームホワイトニングでじっくりゆっくり漂白したほうがお勧めです。

PAGE TOP

上顎インプラント症例

患者様は60代女性 歯肉からの出血と右上がぐらぐらして痛みがあって噛めない状態でした。

上のブリッジ(差し歯)がすべて合わなくなって清掃性が悪く、全体的に歯周病の進行の原因になっていました。

下の前歯の状態も動揺があり歯周病の進行がみられました。

左上のぐらぐらの歯は抜歯して全体の歯周病治療の後、上のブリッジをすべて新しく作り変えました。

歯のなくなった部分はインプラントを2本使用しインプラントブリッジに置き換えました。また下の前歯のブリッジも新しくやりかえました。

清掃性も良くなり非常に安定した状態になっています。

術前と術後のレントゲンです。

PAGE TOP
お気軽にご相談ください。
079-295-2330
休診日:木曜日 日曜・祝日
※予約制ですが、急患、新患の方は随時受け付けております。
時間
午前 (9:00〜13:00) - -
午後 (15:00〜19:00) -   -
午後 (15:00〜18:00)       -   -
WEB相談 受付24時間
オンラインお問い合わせ
PAGE TOP