姫路市 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 歯周病予防ならお任せください。

よねやま歯科医院
web予約 メール相談 24時間受付  ご相談・ご予約は 079-295-2330

オーダーメイドな予防、オーダーメイドな治療を目指して

HOME > 症例ブログ > 審美歯科

月別

カテゴリー

新着記事

よねやま歯科医院のご案内

〒 670 - 0982 兵庫県姫路市岡田350-1  ジヴェルニ岡田1F TEL 079-295-2330 FAX 079-295-2331 地図 交通アクセス 最寄駅:JR 姫路駅より 姫路市営バス 県立姫路商業高校行き  井ノ口停留所下車 徒歩3分 駐車場あり アクセス

携帯サイトのご案内

QRコード

予防歯科センターのご案内

予防歯科センター

全額の審美修復症例

患者様は50代男性で審美障害を主訴に来院されました。

お仕事は接客業とのことで全体に歯を治したいとの事でした。

まず歯周病治療、根管治療(根の治療)行い、前歯、小臼歯はセラミックで、大臼歯はメタル冠で修復しました。

治療期間は約4か月で完了しました。

PAGE TOP

多数歯齲蝕による審美障害のケース

患者様は50代の男性で前歯の虫歯で見た目が良くないのと奥歯の銀歯も気になるとのことで来院されました。

診査の結果中度の歯周病と多数歯の齲蝕が全額に見られ、歯周治療と虫歯の処置、根管治療(根っこの治療)が必要でした。

約3か月かけて歯周治療と根管治療、虫歯治療を行い、状態が安定したことを確認し補綴処置(差し歯、ブリッジを作る処置)に移行しました。

この患者様は長持ちし歯ブラシ等のメンテナンスがやりやすく見た目も綺麗にしたいとのことで材質はセラミックを使った差し歯、ブリッジを希望されました。

術後4年経過しましたが状態は非常に良好に維持されています。

セラミックは歯の汚れ(プラーク)が付着しにくく歯ブラシが容易になり2次的に歯周病の予防がしやすくなります。

もちろん定期的な健診とクリーニングには熱心に通ってきていただいている結果でもあります。

差し歯やブリッジを長期に維持するためには家庭での正しいケア(プラークコントロール)と定期的なプロフェッショナルケア(歯科衛生士によるクリーニング)の両方がうまくかみ合って初めて達成できます。 セルフケアのみでは必ず数年後にまた悪くなってしまいます。

痛みがなく問題がなくても定期的に歯科医院での健診とクリーニングは是非お勧めします。お口の健康を守る事は食べる機能を維持し、しいては全身の健康を守る事につながっていると私達は考えています。

PAGE TOP

多数歯の虫歯のセラミック修復ケース

上の前歯の虫歯が進行して見た目が良くないとの事で来院された30代の男性です。

前歯の虫歯が進行して神経まで感染してしまっていました。

まず初めに歯周病の治療と虫歯の根っこの治療(感染根管治療)を平行して行い状態が安定してから仮歯で少しの期間様子をみて

咬合状態や痛みや歯肉の腫れ等の異常がないことを確認してから最終のセラミックの差し歯をセットしました。

     

セラミックの利点の一つにプラーク(歯垢)の付着がしにくい事があげられます。

結果歯ブラシによる清掃が容易になって間接的に歯周病の状態も良くなってくる事が多いです。

PAGE TOP

前歯のホワイトニングを併用したセラミック修復

前歯の変色が気になるとの事で来院された30代の女性です。

前歯の2本はすでに神経をとる治療を過去に受けられていて変色が進行してしまっていました。

当初前歯2本のセラミック修復のみの予定でしたがその他の歯の色調も少し黄ばみがありましたので、まず最初にホワイトニングをしてからセラミック修復することにしました。

術後は口元が明るくなりました。 ホワイトニング期間は約1か月でした。

PAGE TOP

ポーセレンラミネート

もともと上の2番目の前歯が小さく、内側に引っ込んでいて笑った時にがたついて見えるのが気になっていた30代の女性です。

サイズは確かに小さいのですが虫歯ではなく健康な歯でした。従来の方法では周りを削って被せる方法(いわゆる差し歯)で治すのが一般的でした。

しかし健康な歯を削ってエナメル質をなくしてしまうことは歯を弱くし寿命を短くしてしまう事になります。

歯の表面を覆うエナメル質は歯の天然の鎧で中の象牙質、神経を守っている重要な役目をになっています。そのエナメルを安易に削る事は良くありません。

そこでこのケースはポーセレンラミネートという方法を採用しました。この方法は表面のエナメル質を0.5~0.7ミリ程度形成してポーセレンのシェルを作製し強力な接着剤で貼り付ける治療法です。 女性がよくされている付け爪(ネイル)をイメージしてもらうと解りやすいかと思います。

(補足ですが、ネイルは約1か月でやりかえる事になりますがポーセレンラミネートは耐久性も優れています。)

この方法は歯質を削るのが最小限で済み歯のダメージも最小限です。治療の回数も2,3回で終わる優れた方法だと考えています。

PAGE TOP

受け口を補綴(差し歯)で改善したケース

この方は、受け口による審美障害と、咀嚼不全の改善を希望され来院されました。

通常このようなケースは矯正治療が第一選択ですが期間が2〜3年かかることと患者さんの諸事情によりセラミックの差し歯ブリッジを使っての改善を計画しました。
全てのケースにこの方法ができるわけではなく、治療に入る前にかみ合わせ、顎の関節、歯周病の状態を診査、診断した上で必要な前処置を行いました。その後プロビジョナル(仮歯)を入れてかみ合わせを改善し顎の関節、咀嚼筋の問題がでないか2〜3ヶ月かみ合わせの微調整を行い最終の差し歯(セラミックブリッジ)を装着しました。

トータルの治療期間が7ヶ月ほど必要でした。

■術前                  ■術後

■術前                  ■術後

PAGE TOP

口腔内のメタルをセラミックで修復しメタルフリー(金属を使わない)にしたケース

メタルは口腔内が酸性になると錆びたり、金属の成分が溶け出してそれが体内に 蓄積します。

その成分がその人の許容範囲を超えてしまうと金属アレルギーを引き起こすと言われています。

ですからアレルギー体質の方はできるだけ貴金属以 外のメタルは歯の材料として使用しない方が賢明と言えます。

また金属アレルギーは発症までに数年から数十年かかる場合があり、個人差が大きいのも特徴です。

一旦発症してしまうとその原因の金属を取り除いたとしても皮膚炎等の症状がなかなか軽快しにくいのも厄介です。

また、従来アレルギーが出にくいと言わ れている貴金属、金や白金でもアレルギーをしめす報告がなされています(稀なケースですが・・・)。
ですから、最近の接着技術の向上を反映して従来奥歯には割れるので無理と言われていたセラミックスを大臼歯に応用することが可能になり、金属を使わない修 復が最近の歯科界のトピックスになっています。

■メタル                 ■セラミック

■メタル                 ■セラミック

PAGE TOP

ポーセレンラミネートとホワイトニングを併用した症例

この女性は30代の方で、長年上の前歯の形と歯並びが不揃いなのを悩んでおられました。

特に1番目の前歯の形態が台形なのが嫌だと言われておられました。 そこで、ポーセレンラミネートを使って治療を計画しました。

ポーセレンラミネートを使うことによって歯の切削量は従来の差し歯にくらべてほんのわずかで済みます。

その結果歯に対するダメージは最小限に抑えられます。 また、形態も自由に変えれますので、短期間に歯並びを整えることが可能です。

今まだ治療中ですが(ホワイトニング中)初診時に較べると口元がずいぶん明るくなりました。 歯を気にせず笑えるのが嬉しいと言っていただけました。

PAGE TOP

ポーセレンラミネートを使用した症例

■ 術前                                                                            ■ 術後

このケースは6本の前歯にラミネートを貼り付けてスマイルラインを回復しました。
矯正やホワイトニングの必要がなければ、通常3回から4回の通院で終わります。

PAGE TOP

ホワイトニング後にラミネートでねじれた前歯2本を修復したケース

スマイルラインは整っていたのですが、全体に黄色っぽく前歯が2本ねじれているのが気になっていた女性です。
ホワイトニングに1ヶ月、ラミネート修復に3回の通院で完了しました。

■術前                 ■術後

PAGE TOP
お気軽にご相談ください。
079-295-2330
休診日:木曜日 日曜・祝日
※予約制ですが、急患、新患の方は随時受け付けております。
時間
午前 (9:00〜13:00) - -
午後 (15:00〜19:00) -   -
午後 (15:00〜18:00)       -   -
WEB相談 受付24時間
オンラインお問い合わせ
PAGE TOP