姫路市 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 歯周病予防ならお任せください。

よねやま歯科医院
メール相談 24時間受付  ご相談・ご予約は 079-295-2330

オーダーメイドな予防、オーダーメイドな治療を目指して

HOME > 症例ブログ > インプラント

月別

カテゴリー

新着記事

よねやま歯科医院のご案内

〒 670 - 0982 兵庫県姫路市岡田350-1  ジヴェルニ岡田1F TEL 079-295-2330 FAX 079-295-2331 地図 交通アクセス 最寄駅:JR 姫路駅より 姫路市営バス 県立姫路商業高校行き  井ノ口停留所下車 徒歩3分 駐車場あり アクセス

携帯サイトのご案内

QRコード

予防歯科センターのご案内

予防歯科センター

病的な歯牙移動をきたしたケースの咬合治療(矯正治療とインプラントの併用)

患者さんは60代女性で、左上の奥歯に歯を入れたいとのご希望でした。

初診時の口腔内をみると左上の大臼歯部の欠損がありました。

しかし問題はそれだけではなく左側の前歯から臼歯にかけて全く咬合しておらず、全体的な矯正を含めた治療が必要なケースでした。

まず現状の状態を診断し、模型上で治療後のゴールを設定しました。

これにもとずいてインプラントと矯正治療を併用した治療計画をたてました。

治療期間は約1年、結果は非常に安定した咬合と審美を達成できたと考えています。

PAGE TOP

病的な歯牙移動をきたしたケースの咬合治療(インプラントと矯正併用)

姫路 よねやま歯科の包括治療(矯正 インプラント 審美)ケースです。

患者さんは60代の男性です。

歯周病が進行すると、歯は病的な移動をきたします。歯ぎしりやくいしばりでこの病的な歯牙移動はさらに加速し、最後には咬合崩壊をきたし、食生活はじめとする日常生活のQOL(クオリティオブライフ 生活の質)の著しい低下をきたしてしまいます。できるだけ早期な治療が良好な予後を期待できます。

PAGE TOP

審美治療(矯正 インプラント併用ケース)

姫路のよねやま歯科の包括治療ケース(矯正 インプラント併用)です。

患者さんは50代女性、主訴は前歯のガタガタをきれいにしたい!でした。

歯周病の進行と病的な歯の移動が見られます。

前歯の歯の長さ、歯肉ラインの不揃い、歯肉退縮、病的な不正咬合が見られ、歯周治療が必要でした。矯正治療は歯の長さ、歯肉ラインの治療のために必須の治療オプションでした。

また下の臼歯部は歯周病の進行で抜歯が必要で、噛み合わせの回復には入れ歯ではなくインプラントをご希望されました。

矯正治療を行うことでここまで歯肉ラインの回復が可能になります!

また下の奥歯の機能回復にはインプラントを使いました。

治療完了時

術前のレントゲンと術後のレントゲンです。

下の前歯は保険のブリッジ(変色しています)ですが、上前歯はセラミックで修復しました。機能的にも審美的にもまずまずの仕上がりだと自負しています。

PAGE TOP

インプラントを選択する前に(自家歯牙移植ケース)その2

患者様は40代女性で右下の奥歯の欠損があるケースでした。

通常であれば右下の親知らずが残っていたのでブリッジでも修復可能ですが、親知らずの状態があまり良くないため
部分入れ歯かインプラントでの修復の可能性が大でした。
ただこの患者様の場合上顎の前歯に叢生(乱杭歯)があり、矯正治療の希望もなかったために左上の側切歯が全く
機能していない状態でした。

通常なら抜歯しかないこの側切歯を右下の臼歯部に移植するという選択肢が増えました。

患者様とのカウンセリングの結果、インプラントよりも自己歯牙移植を選択されました。

抜歯と同時に欠損部位にインプラントドリルを使用してソケットを形成し上の側切歯を移植しました。

約3か月後、移植歯は生着し動揺も痛みもなくなり修復治療に移行しました。

このケースの場合は移植歯が親知らずではなかった事、また移植部位がすでに欠損部位だったことで
保険適応ではなく自費治療になりましたが、インプラント治療に比べ約1/3の治療費で完了できました。

PAGE TOP

臼歯欠損部位のインプラント+オールセラミック症例

患者様は50代男性で左下の奥歯にブリッジの差し歯が入っていましたが、咬合力の負担がかかり
歯根が破折してしまい、抜歯になりました。

手前の健康な歯を削って土台にして奥の親知らずと再びブリッジをかけて差し歯をつくるか、欠損部位を部分入れ歯にするか、
欠損部位だけをインプラントで修復するか の3つの治療方法から選んでいただく事になりました。

患者様は健康な歯を削りたくないという事で治療の方法はインプラントか部分入れ歯のどちらかになり、しっかり自分の歯のように噛みたいという結論で
インプラント治療を選択されました。

インプラントを2本欠損部位に入れました。下顎の奥歯は約3ヶ月骨とインプラントが結合するまで治癒期間を待ちます。

3か月後、仮歯用の土台を入れ、歯肉の治癒を1ヶ月待ちます。

歯肉が綺麗に治癒し、骨との結合も十分咬合力に耐える状態になったため、型をとり最終の歯をオールセラミックでつくりセットしました。

最近のセラッミク素材は非常に強度が高く、以前のように咬合力で破折したりすることがほとんどなくなりました。
咬合力が強くかかる歯ぎしりが強い方以外は金属を使用しないオールセラミック修復が可能になっています。

またプラーク(歯垢)が付着しにくく、清掃もやり易いためその後の歯周病の予防の観点からも大変有利です。

この患者様は最初の手術から約3ヶ月で仮歯が入り、噛む練習をしてもらいながら、清掃性をチェックし、6ヶ月目に最終の歯が入りました。

このようにインプラント治療は最低6ヶ月から前歯の審美領域では仮歯が入ってから6~12か月ぐらい最終の歯が入るまで時間をかけて調整をします。

時間はかかりますが、一つ一つステップを確実に踏むことでインプラント修復歯は成功に導かれると考えています。

私のクリニックでは決して急ぎません。急がば回れ だと考えます。

PAGE TOP

自家歯牙移植(インプラントを選択する前に!)

30代の女性の患者様です。左下の一番奥歯が噛むと痛むとのことで来院されました。
診察すると一番奥の大臼歯が破折してしまい、保存する事が難しい状態でした。

通常は抜歯して入れ歯かインプラントになるのですが、この患者さんの場合、左上の親知らずが健全歯の状態で残っていました。

そこでこの親知らずを抜歯した左下の奥歯の部位に移植することにしました。

抜歯と同時に上の親知らずを移植しました。
その後1ヶ月ぐらいで固定を外し(1ヶ月程度で移植歯はくっつきます) さらに根っこの治療をして
約3ヶ月ぐらいで咬合できる状態に回復しますので冠(差し歯)を作り治療を完了しました。

ほぼもとあった自分の歯と同じように噛めて、手入れも今までどうりの歯ブラシでOKです。経過は良好です。
さらにインプラントと違い保険が使える治療ですので費用がほとんどかからないのがこの治療の最大の魅力です。

ただし健全な状態の親知らずがあることと、抜歯と同日に行う事が条件になっています。すでに欠損してしまった部位への
自家歯牙移植は自費治療扱いとなります。

PAGE TOP

上顎のインプラント治療後、下顎のブリッジをインプラントに置き換えたケース

7年前上顎臼歯のインプラント治療を行い、その後6年良好に経過していましたが、下顎のブリッジが歯根破折を起こして
しまい、破折歯が抜歯となりその後インプラントにて修復しました。

50代女性の患者様です。

左上臼歯にインプラントブリッジが入ったため、そのかみ合わせの下顎臼歯のブリッジが失活歯(神経のない歯)だったこともあり
年数がたつにつれもろくなり歯根が咬合力に耐えられなくなったため破折してしまいました。

インプラントは骨と強力に結合しているため強い咬合力に耐えますが、その副作用としてかみ合わせの歯がもろいとこのように破折してくる事があります。

破折した歯は抜歯して、上顎のインプラントブリッジの咬合力に対応させるため下顎もインプラントで修復する事にしました。

治療後は問題なく約2年経過しています。(左下奥歯の2本がインプラントです)

右上の奥歯も1本インプラントがありますが、かみ合わせの下の歯は神経のある健全歯です。
健全歯の場合はインプラントからの咬合力を受けても咬合が正しく付与されていれば破折をおこすことはまれで、
しっかり機能します。

このことはむやみに歯の神経を抜く事は避けるべき事を示唆しています。

PAGE TOP

インプラント矯正の症例

患者様は20代の男性で上下の歯列の歯並びを治したいという主訴で来院されました。
成人矯正は子供の矯正よりも一般的に骨が成熟して硬くなっているため歯の移動に時間がかかります。

通常の矯正治療の平均期間は約2年ですが成人の場合、3年以上かかることも稀ではありません。
しかし、近年の矯正治療では矯正専用のインプラントを使用することにより成人矯正の治療期間を短縮させる事が可能になっています。
この患者様のケースも矯正用インプラントを使用して期間短縮を図ることになりました。

奥歯の間の骨にチタン製のピンを埋入して、このピンと前歯をエラスティック(矯正用ゴム)で引っ張り前歯を後退させて引っ込めていきます。
通常の矯正期間よりやく半分の時間で歯の移動が起こります。

治療後は上下の前歯が術前と比較して引っ込んでいるのが分かると思います。

矯正用インプラントを使用すると治療期間の短縮とヘッドギアなどの顎外固定装置など複雑な装置の使用が回避され、矯正機関中の患者様のQOLが向上するのが最大の利点です。しかしこのインプラントは矯正力が加わるためたびたび緩んで脱落するのが欠点ですが、違う部位に再度埋入する事でリカバリーします。
治療後は除去するのでなんら問題ではありません。

PAGE TOP

臼歯インプラントブリッジ症例

60代の男性の患者様です。
長年右上の奥歯がなく部分入れ歯で過ごされていましたが、固定の歯をご希望されて来院されました

右上の奥歯はインプラント3本使って4本分の歯を作る計画をたてました。さらに上顎は歯周病で古い差し歯がぐらついてものが噛み切りにくい状態でした。
まず診査、診断のあとぐらつく前歯を仮歯で固定し、歯周病の治療を開始しました。

その後口腔内の炎症が無くなった状態で右上奥歯のインプラントを入れる手術を行いました。
インプラントと骨が強固に結合するのを5か月待ってインプラントに土台を連結し、ブリッジ型の歯を入れる事ができました。

インプラントが骨と結合する治癒期間の間に、他の前歯、左上のブリッジの差し歯もやり替えて、すべて同時に終了することができました。

義歯に較べて硬いものが噛めるようになったことと、しゃべりやすくなったと言っていただけました。

トータルの治療期間は約10か月でした。

PAGE TOP

インプラント審美修復

右上の犬歯のインプラント治療をご希望されて来院された会社員の男性です。

初診時の診査で上前歯部の差し歯も古くなって虫歯になっていて右上の欠損部位のインプラントのみでは審美的に問題があるのと機能的にも安定した咬合が得られない事を説明し、結果的に全体的な治療を行う事になりました。

歯周治療後、右上の犬歯のインプラント埋入を行いました。

その後インプラントが骨と結合するまでの期間中に前歯、その他の部位の差し歯、ブリッジの治療をセラミックを用いて行いました。

咬合状態が安定したのを確認した後に最終の差し歯を作製し装着しました。インプラントの部位は最新のジルコニアセラミックを使用しています。ジルコニアは非常に強度が高く、しかも審美的な素材です。

咬合は安定し審美的、機能的にも良い結果が得られたと思います。

定期的なメンテナンスでこの状態を維持していただきたいと願います。

治療期間は約8か月でした。

PAGE TOP
お気軽にご相談ください。
079-295-2330
休診日:木曜日 日曜・祝日
※予約制ですが、急患、新患の方は随時受け付けております。
時間
午前 (9:00〜13:00) - -
午後 (15:00〜19:00) -   -
午後 (15:00〜18:00)       -   -
WEB相談 受付24時間
オンラインお問い合わせ
PAGE TOP